社名 エトリヴァン(Etlivin)の由来

 社名のEtlivinは、Etliにフランス語のvin(ワイン)を付けたもの。Etliとは、Ente Turismo Lavoratori Italianiの略。訳すと「イタリア労働者観光会社」とでもなろうか。Etliは、現在も存在するイタリア最大の労働組合組織、CGIL=イタリア労働総同盟が経営する旅行会社だった。加盟傘下の組合員の旅行手配が主な業務だったが、CGILと友好関係にある海外の組合からの要請にも応じていた。1990年にEtliはその役割を終えて解散した。僕はEtliが日本から旅行者を受け入れていた時期、通訳として働いた。
 Etlivin創業時は、ファックスはまだ普及しておらず、国際的な通信手段はテレックスだった。テレックスは現在のメールのように、アンサーバックと呼ばれるアドレスが必要で、僕はかつて付き合いのあったこの会社の名前を拝借してアドレスを作り、これを後に社名とした。ちなみに、当時すでに取り引きのあったアンセルミ(Anselmi)のアンサーバックはANSVIN、コルヴォ(Corvo)はたしかCORVINだったと記憶している。