エッチングボトル

etching01
etching03etching04etching05

 エトリヴァンでは、サンドブラスト加工でボトルを飾る、エッチングボトルのサービスを本格的に始めた。サンドブラストとは、砂をガラスに吹き付けて文字や絵柄を彫り込む技法のこと。写真を見て頂くのが分かりやすいかと思う。これらの作品例は外部に依頼したものではなく、実はエトリヴァンのスタッフ、草野眞輔が社内に設置したツールを使って製作したものの一部だ。そんな訳で制作費用もかなり安くなっている。ただ、ほとんどが手作業の工程なので、納期については要相談。
 最近、蒲田の遺物堂に忘れ去られていたワインを開ける機会が何度かあった。たとえば、タレンティ・ブルネッロ(Talenti Brunello) 1992年。僕はこの年の8月から1年間、ワイン留学のためにフィレンツェに滞在した。このワインが数本残っていたので、最近ある方にプレゼントした。ボトルには「1992-2010 お疲れさま」と刻んだ。実はこの人が就職したのが1992年、そして退職されたのが2010年の暮れだった。
 子供が誕生した年をヴィンテージに重ねる人もいる。2006年Brunelloに娘の誕生日を刻んで、2026年の成人の日を待つのだという。こんな楽しみを期待できる飲み物はワイン以外に思いつかない。結婚記念、卒業記念など、人生の節目をボトルやグラスにサンドブラストする人たちもでてきている。今月16日に39歳の誕生日を迎える方に1993年ヴィンテージのボトルをプレゼントした。サンドブラストした文字は「Happy Birthday」。遺物堂は古酒の山とはいっても、さすがに39年前のワインはない。93を39歳にこじつけた。
 エトリヴァンが新しく始めた仕事のご案内でした。

●サンドブラスト(エッチング)基本価格

工賃(ボトル1本につき)
・S:¥500-
・M:¥700-
・L:¥900-

デザインの型代
・文字のみの構成:¥1000~
・オリジナルデザイン、企画等は要相談
*当面は、ETLIVINで扱っているワイン各種、
 デカンターのみに限らせていただきます。


2011年2月
エトリヴァン
佐々木 仁