バリック

一般的にはオーク材(ナラ)を使った容積225リットルの木樽をいう(写真左手前)。フランス産が圧倒的に多い。イタリアではフランス産の原材料で組み立てたものが主流。ハンガリー、アメリカも生産している。バリックを使用してワインを熟成させると、空気を吸い込むことになり、木樽独特のヴァニラ香がワインについてくる。イタリアでは最近、白ワインの熟成にもバリックを使う傾向がある。一本8-9万円くらいするが、ハンガリー産はやや安い。