草創期▼
開拓期▼

Botero

ボテーロ

 このワインの中味は、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノで、ヴィンテージは1997年。この年の9月26日、ウンブリア州は強い地震で甚大な被害を受けた。あれから12年が経過して、そろそろ大地震の記憶も風化しているのかも知れない。しかし、僕には忘れ難い年だ。まず、97年は歴史に残る優良年。最近、さまざまなワイナリーの97年を開けるが、やさしいタンニン、明瞭な輪郭、退色傾向が認められない色など、ワイン像は共通する。保管に少し気を使えば、10年後も十分に健康年齢の範囲内と判断する。
 写真のブルネッロは、先述したウンブリア震災地復興基金を集めるために、生産者組合が企画提案して実現した。ラベルのデザインは南米出身の画家ボテーロのもので、画家は無償で意匠を提供した。参加ワイナリーは、売上金の一部を組合に寄付金として収めた。エトリヴァンも参加してイル・ポッジョーネから120本輸入した。60本くらいまだ残っている。ボテーロのブルネッロで集められた基金は、アッシジの近くの村で倒壊した教会の修復に投入され、再興された鐘楼の写真も送られてきた。
 生産者組合は、文化活動のスポンサーとしても積極的である。こんなこともあった。千葉県佐倉市のアマチュア合唱団「あすなろ女声合唱団」からイタリアでの演奏機会の問い合わせがあった折、生産者組合の事務局長カンパテッリにその旨を伝え、協力を求めた。彼はモンタルチーノ市長と交渉して、旧市庁舎前の広場に特設の舞台を用意してもらった。案内のポスターも町の中に出してくれた。天気にも恵まれ、たくさんの市民がコンサートに集まった。2002年8月のことと記憶している。